タグ別アーカイブ: 図面を描く

設計初心者必見!溶接の指示の仕方、脚長やのど厚についても解説

投稿日:2022年09月07日

構造設計に携わる設計者にとって、図面に溶接を指示する機会は多いのではないでしょうか。特に図面を描き始める機械設計の初心者は、溶接記号の指示に悩むことが少なくないと思います。 本記事では、これから溶接をする製品の図面を描こ […]

続きを見る

かなり奥が深い!これだけは知っておきたい表面粗さパラメータの基礎を簡単に紹介

投稿日:2022年05月23日

品質管理で表面粗さの解析を任されたけど、何をしたらいいか分からない人も多いと思います。 実は表面粗さはとても奥が深く、すべてを理解している人はほとんどいません。 しかし、良いモノを作り、不良品を出さないためには、表面粗さ […]

続きを見る

幾何公差を高精度に測定するなら真円度測定機。三次元測定機と比較

投稿日:2022年04月06日

幾何公差を効率的に測定していますか? 幾何公差の多くに対応できる測定機として、三次元測定機と真円度測定機があります。幾何公差をすべて三次元測定機で測定している人も多いと思います。 三次元測定機を使うと多くの幾何公差に対応 […]

続きを見る

【機械設計者必見】寸法公差と幾何公差を意識すれば良いものが造れる

投稿日:2022年03月04日

設計図面で補助的な役割をしている寸法公差や幾何公差ですが、上手く使えているでしょうか? ほとんどの部品は、寸法公差や幾何公差がなくても正常に機能するかもしれません。形状が重要で寸法はラフで良かったり、少し大きめの穴を開け […]

続きを見る

1/2