非常識な成形法を使ったゼロドラフト

投稿日:2021年7月13日


 
本日は、樹脂部品設計の重要項目である『デザイン』という切り口から、お話をしたいと思います。

あなたは、デザインと聞いて何を思い浮かべるでしょか?

例えばですが、
英語の「design(デザイン)」を翻訳すると設計全般を意味しますが、
日本語でデザインというと、「意匠デザイン」や「意匠設計」を意味します。

 

また、自動車や家電などの分野では

・工業デザイン
・インダストリアルデザイン
・工業意匠

と、その分野特有の呼ばれ方をすることもありますね。

 

そして、これらデザインを手掛ける人は、

・プロダクトデザイナー
・インダストリアルデザイナー

と呼ばれています。

 

近年、
この製品の意匠デザインが、以前にも増して重視されるようになりました。

さまざまなメーカーが、商品に対して機能性以上に「意匠デザイン性」に対して高い価値を置き始めています。

筐体(ケース)による、付加価値が高まってきているわけですね。

たしかに、家電製品や日用品のような民生品の場合であれば、意匠デザインの違いは、メーカーのイメージや、消費者の購買意欲に大きく関わります。

 

それでは、この意匠デザインはどのように決まるのでしょうか?

 このページは会員限定記事です。
申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。続きは、会員登録(無料)してご覧ください

既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。