どちらが学習効果があるのか?文章をよむ VS 動画をみる

投稿日:2016年04月21日

category:

「動画コンテンツを作って欲しい」
「eラーニングで勉強したい」

MONOWEB会員様からこのような声を頂きます。

そこで、質問なのですが皆様はどのように学習されてますか?

・MONOWEBで勉強している
・インターネットで調べている
・社内の技術資料で調べている
・研修会へ参加している
・専門書を購入し、勉強している

などでしょうか。

おそらく、それぞれに合った学習方法があることかと思います。

MONOWEBの活用方法

ここで改めてMONOWEBをどう学習に活用するか、について紹介させて頂きますね。

MONOWEBは、大きく
「PDF」
「WEBページ」
の2つに分かれます。

PDFは、学習項目によって分かれているので、学びたい項目を集中的に学習するのにとても便利です。(印刷もできます)

WEBページは、通常の学習にも使って頂けますし、検索機能があるので「今知りたいこと」を見つけるのにとても便利です。

「動画」で学習したい

これまで配信しているサービスはすべて「文章」が中心です。
お客様からは、とても分かりやすいという声もたくさん頂いております。

また、その一方で「動画で学習がしたい」「eラーニングを作って欲しい」といった要望もよく頂いております。

そこで、どのくらいの方が希望しているのかアンケートを元に集計してみました。

すると・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーー
アンケート結果(回答頂いた数:837名)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

質問:今後のアイデアとして興味のあるものを教えてください

回答:動画コンテンツに興味がある・・・・560名

と、実に 【 66.9% 】 の方が動画での学習を 希望していることに気付きました。

「動画」学習の効果とは?

現在では、youtubeなど動画で情報を得ることが日常となりました。

よほど専門的なことでない限り、

・知識
・方法

といったことは、どんなジャンルであれ探すことができますよね。

ただ、『ものづくり』のジャンルは、とても専門的で、一般向けではないためyotuubeで得ることができる情報は限られています。

「動画で設計の基礎を学びたい」

という方が多いのも、うなづけます。

「動画」vs「文書」

では、実際には学習効率において動画と文章には、どのくらいの差があるのでしょう?

そこで調べてみました。すると・・・

========================
「動画」は文章の2倍記憶に残る
========================

ということが分かりました。

これは、ドイツの心理学者へルマン・エビングハウスが提唱しています「忘却理論」を参考としています。

それによると、人は文字を記憶しても、その20分後には42%を忘れてしまいます。さらに1時間後には56%、1日後には74%を忘れてしまうそうです。

一方で、映像と音声を掛け合わせた動画は、文字に比べて「2倍」、人の記憶の中に留まり続けます。

つまり、一般的には動画の方が学習に向いているということです。

※ただし、これはあくまで一般論であり、人によっては、文章や本での学習の方が得意であり効果を実感する方も多いと思います。

「eラーニング教材」サービスを開始します

ここまでお伝えしました通り

・会員様の中で、動画コンテンツを望んでいる方がいる
・一般的に、動画の方が記憶に残り易い(学習に向いている)

ということであれば、MONOWEBとしてはよりよい学習コンテンツを皆様へ提供したい。

それによって、よりものづくりへ貢献していきたいということで「動画サービス」を開始することになりました。

「いつからスタートするの?」
「いくらで販売するの?」
「どんなコンテンツにするの?」

ということもお伝えしたいのですが、まだ作成途中のため、こちらはおってお伝えしていきます。

■実はすでに3ヶ月前から作成をスタートしていました。

こちらは、お客様からの要望も多かったため実は3ヶ月前から準備を進めておりました。

しかし、スタート当初はシステムの問題や人手の問題、内容の充実、作成時間等の問題があり、皆様に満足いただけるクオリティが確保できるか不安でしたので報告していませんでした

作成を進めていくことでようやく皆様に満足頂き、実用的な商品の完成イメージができてきましたので、本日発表させていただきました。

すでに、基礎部分(作業の70%位)が出来上がっております。

早ければ『5月中旬』にはお届けできるかと思います。

「動画(eラーニング)で機械設計の基礎知識を学びたい」

という方は、ぜひ楽しみにしていてください。

2016年5月10日開講いたしました。

詳細はこちらからどうぞ → 即戦力エンジニア養成講座