MONOWEBに無料の「重量計算ツール」が追加されました!簡単入力で時間短縮。

いつもMONOWEBをご利用いただきありがとうございます。

この度、MONOWEBでは
かんたん入力で操作いただける「重量計算ツール(&推力計算ツール)」を
追加しました。

アングル、チャンネル、フラットバーなどの
市販材料の重量をWEBで簡単に計算することができます。

わずか3ステップの簡単操作で、すぐに重量の計算結果を得ることができる!

■重量計算ツール(無料公開中)
http://d-engineer.com/unit_formula/weight_cal.html

======
MONOWEBトップページ http://d-engineer.com/
からですと、ページ右下に配置する「単位と公式」のカテゴリから閲覧して頂けます。
======

『重量計算ツール』をご利用いただくことで、
これまで手間がかかっていた重量計算作業も時間を短縮して作業いただけます。

もしかすると、自動車や家電をはじめとした
製品設計者には、鋼材を使うケースが少ないと思いますので、
あまりなじみがない単語が並んでいたかもしれません。

重量計算ツールで表示されている

「アングル」は、断面が「L」字の鋼材、
「チャンネル」は、断面が「C」の字の鋼材
「フラットバー」は、「長方形断面」の鋼材

という意味です。

JISでは、

「アングル」=山形鋼
「チャンネル」=溝形鋼
「フラットバー」=平鋼

という名称になっています。

JISでは、他にも「形鋼(かたこう)」といって、
さまざまな断面形状の鋼材が規格化されています。

これらの鋼材は、
工場内で使用する機械設備などの設計ではかかせません。

<リリースした重量計算ツールの使い方は簡単>
 ↓ ↓ ↓

・Step1:材料を選ぶ

・Step2:寸法を入力する

・Step3:数量を入力する

の3ステップで重量の計算結果を得ることができます。

■重量計算ツール(無料公開中)
http://d-engineer.com/unit_formula/weight_cal.html

形鋼の寸法はJIS規格で決まっていますが、
規格以外の寸法も入力可能です。

※できるだけ簡単にご利用頂けるように
 「細かいR」などの形状は含んでいません。

さらに、目標重量から長さを逆算することも可能です。

現代では、3DCADで設計されている方も多いので、
必要性のない方も多いかもしれませんが、
CAD環境がない現場でのご利用やCADを立ち上げずにちょっと計算したい時など
PCの他にスマホやタブレットからアクセスして計算して頂けます。

機械設計の分野以外にも橋梁や建築の柱や梁などの構造材料としても使用されているので、
建築関係に携わる方々にもご利用いただけると思います。

また、重量計算ツールの他に、
油圧や空圧の設計で必要な「推力計算ツール」も追加しております。

http://d-engineer.com/unit_formula/cylinder_cal.html

ぜひ、こちらもご活用ください。

■アンケートへご協力ください(あなたのニーズを形にします)

ものづくりウェブでは、このような設計者にとっての
便利ツールを今後制作していく予定です。

ですので、あなたが
「このようなツールがあればとても便利だ」
と思うものを教えてください。

要望の多いものから製作検討して参りますので、
ぜひアンケートにてアイデアをご提供ください。

アンケートフォームはこちら
https://d-monoweb.com/tool_survey/

それでは、今後ともMONOWEBを宜しくお願い致します。