養成講座19:試作および評価試験

pc_logo

今回は、
——————————–
試作および評価試験
——————————–
についてお話しします。

試作および評価試験では、
設計結果の検証を行うプロセスです。

実際に試作品を作って、
評価試験を実施すると
設計段階では、想定できなかった結果が
得られることもあります。

このように想定できない
問題や課題を抽出し、
改善を行うために評価試験は
重要なプロセスとなります。

評価試験は以下の手順で実施します。

1. 評価項目の抽出
2.評価条件の決定
3.サンプル数の決定

============
評価項目の抽出
============

例えば、
グランドコックの評価項目の場合、

※このページは有料会員限定コンテンツです。 申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。
有料会員のお申し込みはこちらから
既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。