養成講座13:デザインレビュー(DR)の進め方と注意点

今回は、
——————————–
デザインレビュー(DR)の進め方と注意点
——————————–
についてお話しします。

デザインレビューは、
開発および設計における成果物を、
各部門の専門家にチェックしてもらう会議のことで、

JIS(日本工業規格)や
ISO(国際標準化機構)9000シリーズにおいて
定義されている重要な活動となります。

デザインレビューでは、
各設計プロセスで作成される
図面、仕様書、試験結果報告書などの成果物を
関連部門(営業、生産技術、品質管理、購買など)の
専門家にレビューすることで、
品質向上に努めます。

デザインレビューは、

DR1 : 構想設計から基本設計
DR2 : 基本設計から詳細設計
DR3 : 試作評価から製造組立

のように、プロセスの節目で実施され、
回数やタイミングは各社で設定されています。

それぞれのプロセスで
アウトプットされる成果物が異なりますので、
審査に必要な図面や資料を準備して実施します。

デザインレビューは、

※このページは有料会員限定コンテンツです。 申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。
有料会員のお申し込みはこちらから
既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。