養成講座12:フロントローディング設計とその注意点

今回は、
——————————–
フロントローディング設計とその注意点
——————————–
についてお話しします。

 

フロントローディング設計は、

・ 設計期間の短縮
・ 開発コストの削減

を目的に近年、多くの企業で普及している考え方です。

設計の初期にコミュニケーションを図り
前倒しで問題を解決していきます。

例えば、
設計と生産技術が同席で設計し、
生産技術の意見を取り入れながら設計することで、
製造段階で設計変更が発生しないように
設計を進めたり、

製造で使う工具を3Dモデル化して
設計検討で活用したり、

3Dプリンターで試作品を作り、
コミュニケーションの質を高めたり、

CAEを活用して、
仮想実験を繰り返すことで、
試作回数を減らしたり、

などなど・・・

設計プロセスの中盤から終盤にかけて
発生する可能性のある問題を、
未然に防止していきます。

以上のように、
効果のある考え方となりますが、
取り入れる際は注意が必要です。

———————————————
フロントローディング設計の注意点
———————————————

フロントローディング設計は、
関連部署の意見を設計初期に
取り入れることになります。

そのため、意見の取り入れ方を間違うと、
設計の範囲が制限されることになり、
顧客要求を犠牲にしてしまう
可能性が出てくるのです。

※このページは有料会員限定コンテンツです。 申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。
有料会員のお申し込みはこちらから
既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。