養成講座11:製造コストの決め方

前回は、
「構想設計の進め方」
についてお話しました。

構想設計で作成する
「設計仕様書」に入れる項目は、
根拠を明確にして定量化(数値化)することが
とても重要な作業であるということでしたね。

今回は、設計仕様書の中で定義する
——————————–
製造コストの決め方
——————————–
についてお話しします。

設計する際に、
目標となる製造コストを設定することは非常に重要です。

コストを決めずに設計することは
まずありえません。

販売価格 -コスト = 利益

であり、
コストが高くなると利益がでなくなるからです。

コストは、一般的に

・ 競合他社品の販売価格
・ 既存製品の販売価格

などを参考に決定されます。

コストの決定は
非常に難しい作業です。

競合他社に勝つために
「コスト」が非常に重要な要素である場合、
競合他社より安く設定しなければなりません。

また、安く設定する場合、
どのくらい安くするのか根拠を明確にする必要があります。

10%なのか20%なのか?

※このページは有料会員限定コンテンツです。 申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。
有料会員のお申し込みはこちらから
既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。