養成講座03:見える力を養う

pc_logo

前回は、
「全体像を理解すると見えてくるものが変わってくる」
ということをお話しました。

今回は、前回に関連して、
——————————–
見える力を養う
——————————–
というテーマでお話していきます。

できる設計者になるために、最初にやるべきことは、
「見える力を養う」ことです。

見える力とは、
お客さんが抱えている問題点を理解したり、
何が問題で設計がうまく進んでいないのかを発見したり、
する力のことです。

では、どのように
見える力を養っていけば良いのでしょうか?

見える力を持つためには、
「経験」が必要になりますが、非常に時間がかかります。

また、ただ単に経験を積んでも
見える力は意識しなければ身につくものではありません。

見える力を養うために重要なことは、

※このページは有料会員限定コンテンツです。 申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。
有料会員のお申し込みはこちらから
既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。