第五回:知識を知恵に変えるには

設計者において、専門知識は不可欠です。

その「知識」は、書物やテキストから得られます。
職場にある専門書や JIS 本、便覧もそのひとつです。
授業を受けることによっても「知識」は取得できます。

また、人との情報交換やインターネットを通して
得られる情報も「知識」と言えるでしょう。

知識をインプットして蓄えることは大切です。

でも、それは「ただの知識」にしか過ぎず、
「知識」をいくら豊富に持っていても、
それだけで役に立つとは決して言えないのではないでしょうか。

大事なのはそれをいかに“生かすか”ということです。

※このページは会員限定コンテンツです。 申し訳ございませんがお客様の権限では続きをご覧頂くことができません。

既に会員登録を頂いている方は下記フォームよりログインしてください。