教育担当者の方へ

教育担当者の皆様へ

MONO塾はエンジニア育成を支援します。
社内教育用としてご活用ください。

MONO塾は、若手エンジニアの情熱を大切に、創造性を育み、社会に必要とされる設計者の教育を行なっています。単なる技術・知識教育だけにとどまることなく、「インターネットを通して製造業に教育面で貢献する」という理念のもと、考え方・進め方・実践力といった使える能力を身につけるために独自の教育プログラムを確立しています。ぜひMONO塾の教育プログラムを社員教育にご活用ください。

エンジニア育成について
このようなお悩みはございませんか?

  • 重要度は高いが、緊急ではないため、ついつい後回しになっている
  • 社員教育を体系的に進める方法がなく、困っている・・・
  • 教育資料はあるが、なかなか運用ができていない
  • OJTに頼っていて習得レベルに差がある
  • うちのエンジニアはみんな忙しく、研修などは実施が難しい

その悩み、MONO塾なら解決できます!

「人材は育つものではなく育てるもの」

最近の製造業は、効率化のみを追い求めすぎたために「考えることのできる設計者」が
育たないという問題をよく聞きます。または、リードタイム短縮への対応に追われて
技術教育に十分な時間をさけなかったというケースもあるでしょう。

このままではできる設計者がだんだんと減少していってしまいます。
昔は勝手に人材が育っていたものですが、今は意図的に育てないと育たない時代となりました。

MONO塾では、20年以上設計に携わっている経験者自らが、設計者目線ですべての教材製作を
行なっています。また、実践的な内容や具体例を取り入れることで、
知識を知恵に昇華して身につけることをねらっています。

MONO塾を通して次世代リーダーとなる設計者育成をお考えください。

製造業で働く方、個人の方、学生の方まで
すでに全国20,000人以上の方がMONO塾会員となり
学習を進めています。

多くの製造業エンジニアの方にご活用頂いております。
登録済み会員様所属企業抜粋(順不同)

  • アルプス電気
  • キャノン
  • コニカミノルタ
  • クボタ
  • ヤンマー
  • 日野自動車
  • 東芝
  • 日立製作所
  • サムスン電気
  • IHI
  • 三菱重工業
  • 三井造船
  • 富士電機
  • トヨタ自動車
  • デンソー
  • 本田技研研究所
  • ゼロックス
  • パナソニック
  • いすゞ自動車
  • ダイキン工業
  • オリンパス
  • アイシン精機
  • 東レ
  • 信越ポリマー
  • 日立建機
  • 日本ゼオン
  • バンダイ
  • タイガー魔法瓶
  • 日本郵船
  • 古河電工
  • アルプス技研
  • 日本金属
  • 富士ゼロックス
  • 日立造船
  • 住友電装
  • スズキ
  • 三菱電機
  • 沖電気工業
  • ブラザー工業
  • 新日鉄住金
  • 島津製作所
  • HOYA
  • 日本ガイシ
  • YKK
  • オムロン
  • キャタピラー
  • シャープ
  • SONY
  • 富士重工業
  • マツダ
  • TDK
  • スタンレー電気
  • 日産自動車
  • ホシザキ電機
  • シマノ
  • 横浜ゴム
  • ソディック
  • HKS
  • ダイフク
  • ローム
  • 清水化学工業
  • キングジム
  • セイコーエプソン

MONO塾会員様(教育担当者様)の声

設計者としての普段からの新人研修に役立っています。
わかりやすい言葉で実際の業務に役立つポイントを教えていただき、
新人教育のためにとても参考になりました。
今回のメルマガは長年設計に携わってきた者にとっては当たり前のことですが、
若いメンバーへの教育資料として大変参考になりました。
部下の教育に役になっています。
書かれていることが的確で、共感できるものがあり
新人社員の教育の一部として使わせていただきました。
新規に設計マンを教育していく上で、良い教材(eラーニング含む)と思っております。
内容に共感することが多く、若い世代や同僚に伝えたいと思いワードに編集したいと思います。
現在若手技術者の教育を担当しています。大学専攻科目の多様化に伴い、若手技術者のレベルや専門知識の偏りの対応に苦慮しています。このページではそんな若手技術者に必要な基本的な分野や考え方などがわかりやすく解説されているので参考にさせて頂いています。
後輩への指導も意識し、設計の基本から学びなおす目的で利用させて頂いています。
メルマガもPDFのテキストも、内容的にとてもわかりやすく、読みやすいので、若年層の教育や、ベテラン組の知識の再確認など、利用させていただこうと思います。有用な資料を無料で配布されていること、“感謝”の言葉しかないですね。メルマガを読んで、昔、自分が上司に教えられてきて、今、自分が若手に教えている内容と、言葉は違えど、同じようなことが書かれているのをみて、設計者として目指す“方向”は誰しもが同じだな、とおもいました。
新人生向けに資料活用させていただいております。
教育担当者からは自社製の資料より見やすくわかり易い内容となっており大変助かるとの声もききました。
感謝申し上げます。
若手及び転入社員のレベルアップを図ると共に、技術伝承を行う過程において、社内研修のあり方が一つのキーになると考えています。固有の技術・能力はOJTで身に付けさせるとして、基本的な幅広い知識の吸収、物事の考え方、問題の対処方法などの基本的な骨格は、早いうちに正しく教え込む必要があると考えています。その意味において、貴社の資料は役に立つかもしれないと考えて、今後、試してみたいと思っています。
社内教育用資料として非常に活躍してもらっています。本当に有難うございます。メルマガについても先日みんなに説明しました。地に足がついた話で分かりやすく好評でした。
私どものような規模の小さい企業では社内教育(特に新人)のための教材を準備するのは大変なので助かっております。

なぜMONO塾が選ばれるのか?

MONO塾が選ばれる3つの理由

1.設計知識全体を体系的に学ぶことができる

設計業務で必要となる知識をMONO塾で一通り学ぶことができます。OJTや自己学習ではなかなか身につけることが難しい設計知識も、MONO塾で学べば、効率的にスピード早く身につきます。

5ステップで設計知識を習得する!

step

2.インターネットにつながる環境があれば

自宅・オフィス・出張先などどこにいても学習できる

インターネットに繋がるPC・タブレット・スマートフォンがあれば、スキマ時間を使って学習を進めることができます。「仕事と学習を両立させたい」というのは忙しい設計者にとっては大事なこと。MONO塾であれば、学びたい項目を自由に選び、テキストや動画、メールマガジンで学ぶことができるので、忙しい設計者でも自身の都合に合わせて学習できます。また、わからない箇所を再度確認したり、実務に必要な設計知識に絞って学習を進めるなど、効率のよい学習が可能です。

どこでも学習できる

3.一般参考書と比べ圧倒的にわかりやすい

MONO塾の教材はすべて、20年以上設計に携わるエンジニア自らが作成しています。そのため、設計者視点に立った実用的な内容となっています。一般参考書によくある難しい数式を使った学問を目的とした説明ではなく「設計者が必要とする」内容に絞って説明していますので、身につきやすく実践的です。

MONO塾がわかりやすい4つの理由

現役のエンジニアが作成

  • ・すぐに業務で使える実践的内容
  • ・難しい数式を理解する必要なし

図解を使った説明

  • ・イラストを見ながら理解できる
  • ・数学が苦手でも無理なく進める

豊富に選べる学び方
※eラーニング(有料)は理解度・習熟度がUP!

  • ・テキスト/eBook(無料)で学習
  • ・eラーニング(有料)で学習

メルマガとのW学習で
理解しやすさUP

  • ・教材とは違う「役立つ内容」が満載
  • ・教材と合わせて学び理解度が倍増

何から学習させるべきかわかりません。

MONO塾では、学習ステップごとに豊富な学習コンテンツを揃えています。

<学習方法>
職場でも自宅でも学習を進めることができますので、教育状況に適した学習方法を選択して、進まれることをおすすめします。

  • 例1:ステップ1からステップ5まで「順番」に学習させる
  • 例2:いま必要な知識を「部分的」に学習させる
  • 例3:自分で内容を確認し、社内教育に役立てる

ステップ1

設計の全体像を理解し、設計の進め方・考え方を身につける

設計者にとって最も重要な「自分で考える力」を育てます。十分な知識や経験のない設計初心者であっても、設計の全体像を理解し、仕事の進め方をイメージできるようになります。この『第一ステップ』を学ぶことで、今後設計業務の中で起こる課題を自分で解決できるようになります。また、たくさんの設計知識を身につけていく上でも大切な土台(例:植物が育つ土)となる部分です。

サービスを確認する

テキスト/eBook(無料)
ものづくりの教科書

eラーニング(有料)
即戦力エンジニア養成講座

ステップ2

製図・機械要素の基礎を学ぶ

一般的に、設計部署に配属されて最初に行う業務が製図になります。製図は、設計者にとって基本中の基本の知識ですし、設計に関わる人同士の「共有する情報」となるため、書き方(ルール)と役割をしっかりと覚える必要があります。また、設計でよく使うバネ・歯車・ネジなどの部品知識も設計者の基本知識となります。

サービスを確認する

テキスト/eBook(無料)
ものづくりの教科書

ステップ3

材料の選定方法、加工方法を学ぶ

材料の選定・加工方法は、製図と並んで必須知識となります。製品の要求を実際の形にするためには、材料の特性を理解して選定すること、及び材料の加工方法をイメージしながら設計することが重要であり、設計者にとって必須なスキルとなります。

サービスを確認する

テキスト/eBook(無料)
ものづくりの教科書

eラーニング(有料)
機械材料入門講座

ステップ4

強度設計、機構設計、熱設計、流体機械設計を学ぶ

設計対象となる製品によって、実現しなければならない機能や性能は多岐に渡ります。これらの機能や性能を満たす設計を行うためには、強度設計、機構設計、熱設計、流体機械設計
といった、それぞれの工学知識をベースにした設計手法を身につける必要があります。

サービスを確認する

テキスト/eBook(無料)
ものづくりの教科書

eラーニング(有料)
強度設計入門講座

ステップ5

樹脂設計、板金設計、鋳物設計を学ぶ

ステップ4までで、機能や性能を実現することができました。最後は製品の製造です。製造では、それぞれ樹脂、板金、鋳物などの製造要件を満たす設計手法が必要となるでしょう。ここは各設計現場で実務を行いながら身につけることが重要です。

eラーニングを活用して
受講者の「進捗状況」を管理する

進捗管理表で、一人ひとりの進捗状況を管理することができます。

「一人ひとりの受講状況はどうか」「しっかりと身についているか」「演習問題を行なっているか」

社内教育でご活用して頂く場合、eラーニングであれば、進捗管理表(excell)がありますので、受講者の受講状況の管理を行えます。また、各章に設けられた受講レポートを活用することで受講者の理解度を把握することが可能です。

進捗管理表の使い方

MONO塾の学習プランを確認する

MONO塾の導入のメリットや導入ポイントを把握した上で、
サービス検討されることをおすすめします。

サービス検討
MONO塾の学習方法 従来の学習方法
無料会員
テキスト/eBook
有料会員
eラーニング(動画)
一般的な自己学習
専門書/社内資料
一般的なOJT
学ぶ手段 PC・スマホ・タブレット PC・スマホ・タブレット 本/資料を読む  教育者から学ぶ 
学ぶ方法 テキストを読む  動画を視聴する  テキストを読む  教育者から学ぶ 
習熟度の深さ 知識の量・質ともに普通  知識の量、質ともに多い  本の種類による  教育者による 
習得スピード 学ぶ意欲による  テスト、演習がある  学ぶ意欲による  学ぶ意欲による 
質の影響 一定の質で学べる  一定の質で学べる  専門書は選びにくい  講師によりばらばら 
実践しやすさ 実践しやすい  より実践的な知識  学問的なものが多い  学んだことは体得 
理解しやすさ 理解しやすい  図解が多く具体的  難解な数式で説明  論理的理解が難しい 
教材の費用 無料  約30000円程度/1項目  複数買い揃える  教育者の人件費 
バリエーション 全18シリーズ  現在2シリーズ(増加中)  種類が少ない  教育者による 
計画の立てやすさ 自分で管理  進捗管理表を使用できる  自分で管理  会社で管理 
情報の更新 常に最新情報を取得  常に最新情報を取得  情報が劣化  教育者による 
準備しやすさ インターネット環境のみ  インターネット環境のみ  複数買い揃える  教育資料の作成 
繰り返しの学習 同じ箇所を見直す  動画を再生して復習  同じ箇所を見直す  教育者へ質問する 
学習進捗の管理 特になし  進捗管理表を使用  特になし  会社で管理 
おすすめ度 無料でお得  圧倒的にわかりやすい 

 おススメのeラーニング

 =設計初心者向け(0~3年)

 =中堅設計者向け(3~7年)

 =ベテラン設計者向け(8年以上)

即戦力エンジニア養成講座   初心者におススメ

1日10分から学習可能!最短1ヶ月で学習内容を身につけることができる
設計経験0でも大丈夫!広くバランスの良い設計の基礎知識が身につく
設計者としての「考え方」「仕事の進め方」が面白いほどよくわかる


 詳しくはこちら


機械材料入門講座

予備知識0でも材料選定の考え方、加工方法の知識の両方が身につく!
金属、アルミ、プラスチックとあらゆる材料の種類の材料が理解できる
JISハンドブック、メーカタログもスラスラ読めて活用幅が広がる


 詳しくはこちら


強度設計入門講座

工学知識0でも掛け算・割り算がわかれば大丈夫!
強度・剛性など強度性能を満たす設計力を身につけ強度問題を解決!
ムダなく効率的に機械設計エンジニアに“必要な知識”を習得できる


 詳しくはこちら


MONO塾はインターネットを通して「製造業に携わる人材を育成すること」を目的とし、教育に伴うサービスを提供することに力を注ぎ、その実現に取り組んでいます。

株式会社RE ものづくりウェブ事業部

私たちは、これまで20年以上製造業の設計部門に携わってきた経験を活かして、設計知識ゼロの初心者でも簡単に理解できる基礎教育コンテンツをお届けする「MONO塾」という学習の場を提供しています。

MONO塾は、よくある専門書や教科書のような学問知識とは違い「設計現場で使える実用的な知識」を学んでいただける学習システムをご用意しています。

おかげさまで教育コンテンツの内容に評価をいただき、これまで順調にアクセス数を伸ばし、現在20,000人以上の方が、会員としてご活用頂いております。

会員様からも「いつも参考にしています」「あなたの記事が大好きです」という嬉しい声もよくいただきます。また、中には誰もが知る大手製造企業のマネージャーの方から、「社内の教育資料として使用しています」といった声もいただくほどです。

今、日本の製造業は大きな問題を抱えています。

以前はものづくりの先端にいた日本ですが、今はアジア諸国によりその地位が揺らぎ始めています。さらに少子化、団塊世代の技術伝承問題、若者の理系離れと、日本製造業を支えるエンジニア不足の問題が深刻になってきています。

しかし、そのような人材不足にも関わらず、ベテラン設計者たちは日々の作業におわれ、技術伝承(新人教育)を十分に行えていません。

そのため、MONOWEBのような誰でもゼロの知識から学べる教育コンテンツが新人教育、現場で使う参考資料として幅広い方の使用ニーズを満たしているのだと思います。

少しでも困っている設計者の助けになれたら、

そう思って始めたのがMONO塾(MONOWEB含む)という製造業の教育コンテンツ事業です。自分たちが経験の中で培った知恵、設計者に役立つ情報を、理解しやすい形でインターネット上で公開していくというサービスです。日本の製造業へ「自分たちの得意分野で貢献をしたい」と想う私たちにとっては最もワクワクする事業です。

より良い設計者になろうと勉強熱心な方。そういう方々がいつでも気軽にアクセスでき、問題解決ができる教科書のような存在でありたいと思います。今後も、設計者が自ら自己成長していける、日々楽しみながら仕事の行える教育環境を提供していきますので、ぜひご活用ください。

株式会社RE ものづくりウェブ事業部 メンバー一同