強度設計入門講座発売開始のお知らせ

img_06_sp

本日から「強度設計入門講座」の販売を開始致します。

新緑がきれいなシーズンになってきて、
清々しいですね。

さて、MONOWEBでは、以前から春リリースに向けて
進めておりました「強度設計」を学ぶeラーニングの
販売を開始いたしました。

ご興味のある方は、下記をご覧ください。

——————–

「強度設計」「材料力学の学習」について質問します。

——————–

突然ですが、あなたはこのような悩みはありませんか?

・強度不足の対策が思いつかない
・強度設計、材料力学について「わかりやすい教材がない」
・材力の知識を「実際の業務で活かせられない」
・あらためて強度設計の「知識を再確認したい」
・技術者として「もっと成長したい」
・CAEの条件設定や結果の評価が正しくできない

——————–

では、どのように悩みを解決すればいいの?

——————–

それでは、
このような悩みは、どのように解決するのがよいのでしょうか。

おそらく、ほとんどの方がこのような方法をつかって
知識を補おうとするのではないでしょうか。

1. 参考書を読む

2. 学習セミナーへ参加する

3. 経験の中で学ぶ

いかがでしょうか?

もちろんどの方法も効果がありますし、
実際に購入することも、
サービスを受けることも簡単にできますね。

しかし・・この3つの方法には弱点もあります。

それは、時間がかかってしまう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということです。

また、時間をかけた割には「実務で使えるほど」の
知識の習得までは、レベルが達しないことも多いのが現実です。

——————–

設計で活用できる「知識」を身につける方法とは

——————–

活用できる知識を身につける、
というのは、実はとても簡単で・・

設計で使うことを前提に学習を行う
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ことです。

ごく当たり前ですよね。
ただ、この当たり前のことが難しかったりします。

参考書・セミナーは、【学習を目的】に作られているものが多く、

・レベル感がバラバラで、自分に合うものがない

・使わない知識まで載ってるので、範囲が広く大変

・難しい数式を解く必要があり、その必要性に疑問がある

もしかしたら、

「せっかく参考書を買ったのに、10ページしか読んでない」

なんて経験はないでしょうか。

また、先輩やベテラン設計者から教えてもらおうにも、
なかなか時間が取れない、教育制度がない、なんてことがよくあります。

——————–

「強度設計」を身につける

——————–

今回、MONOWEBでは

【わかりやすい】

【実際に活用できる】

ことをテーマに、
強度設計を学ぶeラーニングをリリースします。

アンケートでも、一番悩みが多かったのが
「強度」についてでした。

ご興味のある方は、チェックしてみてください。

http://d-monoweb.com/kyoudo_top/

■「強度設計入門講座」

<特徴>

・図解で学べてわかりやすい
・基礎をしっかり学べる
・難解な数式を解かなくてもよい
・演習と具体的解説で学べる
・細かな専門用語を丁寧な解説で学べる

また今回は、

設計者の実務に直結する内容にするために、

・設計者向け現役解析コンサルタント&工学博士
・元自動車メーカー解析エンジニア
・MONOWEB

のコラボレーションによって製作しています。

■強度設計入門講座(紹介ページ)

http://d-monoweb.com/kyoudo_top/